未分類

ナイトブラは毎回洗うべき?適切なお手入れ方法について調べてみた

ナイトブラは毎日洗うべきなのでしょうか?みんなはどうしているのか気になりますよね。また下着メーカーが推奨する正しいお手入れ方法についても調べてみました。

ナイトブラは1回で洗わなくても大丈夫?

しらべぇの調査によると女性140人にブラジャーは一度着用したら洗濯しますか?とアンケートをとったところ「はい」と答えたのは88名(62.9%)で「いいえ」と答えた人がなんと52名(37.1%)もいました。

また信じられないことに、週に1回程度しか洗濯しない人もなんと5%もいたのです。

毎日洗わないという女性に意見を聞いてみると

あまり洗いすぎると形がくずれてしまいそうで、1回毎には洗えません。
サルート愛用者ですがもったいなくて5回以上使用してから洗ってます…。
面倒くさいので夏は2日に一度、冬は4日に一度くらいかな。

型崩れが気になるといった声や手入れが面倒くさいという声が多いことがわかりました。

ナイトブラは洗わない方が長持ちするのでしょうか?

ナイトブラは洗わないほうが長持ちする?

長持ちさせるために洗わない人も多いようですが、肌に直接触れるものですから、いつでも清潔にしておきたいですよね。

実際に洗濯をしないと汗や皮脂がナイトブラに残ることで肌トラブルの原因にもなります。またあまり知られていませんが、肌だけでなく皮脂汚れはナイトブラそのものが傷んでしまう原因にもなるのです。

そのためナイトブラを洗濯するうえで大切なのは汗や皮脂汚れをしっかりと落として、汚れをそのままにしないことです。

汚れたままにしてしまうと保湿性や通気性、吸水性が悪くなり、結果として素材を傷めることになってしまいます。

そのため、ナイトブラは必ず着用したら毎回、洗濯を行うようにしましょう。

ナイトブラは手洗い必須?

当サイトで一押ししているviageのナイトブラを一例にすると洗濯マークは手洗いとなっています。

ブラジャーの汚れは、汗や皮脂を落とすことです。洗った後に、形を整えて日陰干しを行うようにしましょう。

ブラジャーを手洗いするのは面倒に思いますが、お風呂に入った時に、一緒にナイトブラも手洗いしてしまうと一番手間がありません。

ついつい洗濯機に放り込んでクタクタにしてしまいがちですが、手洗いは少しの手間でぐっと長持ちさせることができます。

ナイトブラを洗濯機で洗う方法

しかし、わかってはいても手洗いはめんどくさいですよね。

忙しくてナイトブラを手洗いする時間がないという人は、洗濯機の手洗いコースやドライコースを利用するのがおすすめです。

洗濯機を使っても型くずれがしないナイトブラの洗濯方法を紹介します。

ホックを留めて厚手の洗濯ネットか専用ネットに入れ、弱水流で洗う
おしゃれ着用洗剤や下着用洗剤などを併用する

洗濯ネットですが平面状のタイプは、カップがつぶれやすいため、ブラ専用の立体状のタイプがおすすめです。

ほかの衣類と一緒に洗濯する場合は、洗濯機の中で衣類がスムーズに動きまわる程度の洗濯物を入れ、詰め込みすぎないようにしましょう。

詰め込みすぎると、ほかの洗濯物で、ブラジャーの形が変形してしまうことがあります。

ナイトブラに寿命はある?

実はブラジャーの寿命は1年程って知っていますか?

これは3日に1回着用した想定での話です。

つまり100回前後洗濯をすることで寿命がくると言うことです。

ブラジャーが古くなってくると、ストラップ自体が伸びたり、アジャスターに不具合が生じてきます。

なぜかというとブラジャーは女性のバストに合わせて作られており、パーツも細かいため、使用頻度が増えると安定感が保てなくなるのです。

また見た目にはあまり変化がなくても、着け心地が悪くなってきたなどと感じた際には買い替えるようにしましょう。

ナイトブラは睡眠中のバストをしっかりと支えてくれるものですから、カップ部分がしわしわになってしまったり、へこんでしまっているのを感じたら定期的に買い替えるようにしましょう。

ナイトブラを長持ちさせるには?

ナイトブラを長持ちさせるためには、できる限り布を傷めないようにしましょう。

ブラジャーについた汚れや汗を放置しておくと、みるみるうちに雑菌が繁殖して、ナイトブラの布を傷めてしまいます。

また乾燥機を使用してしまうと、回転して庫内の壁にぶつかりながら乾燥することになるので、カップやワイヤーが変形し、型崩れをしてしまいます。

また直射日光も厳禁ですので、風通しの良いところで陰干しするようにしましょう。

肩紐や、アンダーベルトをつるす干し方はゴムに負担が掛かかってしまうのでやってはいけません。

洗濯方法に悩んだ時は、簡単です。ブラジャーについている洗濯表示を確認して、手洗いなのか、洗濯機OKなのかなどを確認しましょう。

クローゼットにしまうときにもブラジャーはカップがつぶれないよう収納することを心がけましょう。